「ときをためる暮らし」とは? 映画「人生フルーツ」からの読書中

去年の秋に友だちのすすめで「人生フルーツ」という映画を見ました。

津端修一さんと英子さんのドキユメンタリー。

90歳と87歳のご夫婦が、自宅のキッチンガーデンで自分たちが食べるものを育てながら、大切に暮らしている日々を記録したものです。

 

ご夫婦の人柄や、2人の関係もすばらしいし、自宅のお庭にある畑で食べ物を作り、できたものをお子さんやお友達に送ってあげる、ていねいに、豊かに暮らしている様子がとてもすてきです。

「あ~私こんなふうに暮らしたいんだ~!」と改めて思い出しました。

 

その映画の中に何度も出てくる「ときをためる暮らし」という言葉、そのときは意味が分からなかったのですが、その後、お二人の本を読むうちに何となくわかってきました。


例えば、畑の土。最初は作物を作るのに適さない土だったけど、毎年、枯葉を集めては入れ、大事に作物を育てるうちに、だんだんいい土になっていく。

高価だけど手作りの家具を買って、大切に使ううちに、どんどん味が出てくる。

時間をかけることによって、よくなっていく。熟成されるものの貴重なこと。

 

「人生はだんだん美しくなる」というのが、本当にそうなんだなぁと思える暮らしぶりです。

 

本を読むことで映画のバックグラウンドが見えてきて、ますます興味深い修一さんと英子さん。

たくさん本が出ているので、順番に読んでいこうと思います。

 

今回読んだのは、「ききがたり ときをためる暮らし」。

ちょうど映画と同じ時期になるのかな?お二人の話を編集者の方が、1年かけて毎月取材されてものがまとめられています。写真もすてき。

 

この前読んだのは、「高蔵寺ニュータウン夫婦物語―はなこさんへ、「二人からの手紙」」。

これは、1997年に出た本ですが、修一さんのお仕事のことやお二人が孫のはなこさんに残そうとしているもののお話が詳しく書かれています。

 

やっぱりいいなぁ、キッチンガーデンのある暮らし。

10年後にはそんな暮らしをしていたいなぁと思いつつ、若いころからやっていないとできないことだなぁとも思います。

とりあえず、何をためていくのか、これを機に考えてみようっと。

 

オーガニックラインつくったらいいのに

食品でもファッションでも、商品のラインナップには、ベーシック、上級、廉価版とか、若者向け、年配向けみたいに、ブランドとか、ラインというのがある。

そこで、各社にオーガニックのラインというのがあったらなぁと思う。

 

海外にのスーパーには、オーガニックのコーナーがあったり、オーガニック専門の大きなスーパーがあったりする・・・らしい。

ネットやテレビで見ただけで、実際に行ってみたことはないのだけれど。

 

以前、テレビの旅番組で見たのは、スーパーの各コーナーの品ぞろえの中に、必ずオーガニックのものが数点は並んでいた。普通の商品より、オーガニックの方が品数が多かったりするものもあった。

 

macrobiotic-daisuki.jp

 

macrobiotic-daisuki.jp

 

もちろん、日本でもネットのオーガニック専門店や、オーガニックの宅配で買うことはできる。

でも、やっぱりちょっと不便だったり、出かけたり旅行した先でかんたんに手に入らないのは不便。

 

それに、もっと多くの人に食や健康に興味をもってほしいと思うと、やっぱり普通のスーパーにあることが大切だと思う。

 

海外からの旅行者はもっと不便なはず。

食に関心の高い人から見ると、日本のスーパーは、食べられるものがないんじゃないかな?

海外からの旅行者を今後、もっとふやしていきたいのなら、そして、海外からの旅行者にいっぱい買い物したり、飲食してほしいなら、オーガニックなラインは必要だと思う。

 

格差社会が広がっていて、それは解消していかないといけないと思うけど、現状、富裕層がお金を落とす消費構造になっているのなら、そういう人が好むオーガニックラインを揃えるのは当然の戦略じゃないのかしら。

日本に商品がないと、みんな海外のものを買ったり、個人輸入したりしてしまう。

けっこうビジネスチャンスあると思うんだけど。

 

いろんなしがらみがあるとは思うけど、まずは小さくでもいいからオーガニックのラインをはじめて、そちらの売り上げが伸びたら、全体をオーガニックに変えていけばいいのに。

 どなたか心ある社員さん、ぜひとも立ち上げてくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

裁量労働制の適用業務の拡大と残業代、労働時間について

私が大学を卒業して最初に働いた会社では、事務系や営業系の社員には、残業がつきませんでした。

残業がつくのは、会社を担う技術系やシステム系の仕事のみ。

営業系はみなし残業が5時間。人事や総務系はいくら働いても残業ゼロでした。

それでも、仕事があるのはありがたい、お給料がもらえるのはありがたいって思って、自主的に残業や休出してました。

だけど、昇給やボーナスがあったので、報われない感じは少なかったかも。

でも、今思えば、やっぱりそれもおかしいと思いますが、今の国会で話題になっている「裁量労働制の適用業務の拡大」は、それどころじゃない恐さを感じます。

 

「働かざる者食うべからず」という言葉があるけれど、昔々、人は働くというよりも、自分の食べるものを調達するだけで、あとはのんびり楽しく暮らしていたんじゃないかな?

 

働くためだけに生きる生活。

一日中仕事して、プライベートな時間は、ご飯食べて、お風呂入って寝るだけ、みたいな生活しかできないなんて、ちょっとおかしくない?

 

そんな思いが募る今日このごろ。

国会では、裁量労働制の適用業務の拡大について質疑されていますが、会社という上からの命令の下で仕事をする組織において、すべては個人の裁量というのは無理があるなぁと思います。

今は、上司の命令、上司の責任つまりは会社の責任があるけど、裁量労働制では、労働時間も含めてすべてがその人の責任になる。

そのうえ、上に対して自己主張しにくい組織。下に下に負担がかかっていくことは十分予想されます。

 

一番問題だなぁと思うのは、会社のトップが現状を見ないで、裁量労働制を推進しようとしているところ。

このままこれがすすめば、従業員の負担が増えて、体や心を壊す人が増えて、そのうち自殺者が出るかもしれない。

そこに手を打たないどころか、どんどんそれを拡大しようとする経営者って何なんでしょうね?

 

経団連裁量労働制や高プロ制度を 推進しようとしているそうですが、これって、大企業が従業員のことより、会社の利益のことばかり考えているということですよね。

こういうの見てると経団連って、労働者(経団連に加入している企業にとっての末端の客でもあるわけですが)のことなんて、何も考えていないんだなぁと思えてきます。

1社くらい、それおかしいよっていう会社があってもいいのにね。

 

ということで、そういう企業の商品やサービスはなるべく利用しないというのが、せめても抗議かしら、なんて思います。

三方よし(「売り手良し」「買い手良し」「世間良し」)っていう会社を利用したいですね。

 

デトックス体験記5 健康グッズその2便秘にビフィズス菌「日々ズス子」

まだまだ続くテドックス体験記。

その間3ヵ月ほどは、本当にひどい便秘に悩まされました。

最近は、すっかり解消して、まずますの状況なのですが、あのころは本当につらかったです。

唇に問題があるということは、胃腸が原因かも、という仮説のもとに取り組んだ便秘対策。

今回は、ビフィズス菌の錠剤「日々ズス子(びふぃずすこ)」をご紹介します。

f:id:edamamekinoko:20180321004536j:plain

 

解説は、発売元の輪屋(りんや)さんより。

 

便秘には腸内環境よくすることが大切!

そのためには、腸内の善玉菌を増やして悪玉菌を減らすことが必要!

 

腸内の細菌というとすぐに思いつくのが乳酸菌。

ヤクルトやカルピスなどおなじみのものも多いですが、実は腸内に多く存在するのはビフィズス菌で、腸内善玉菌の99.9%はビフィズス菌です。

しかし、ビフィズス菌は加齢とともに減少し、老年期には子どものころの1000分の1にまで減ってしまいます。

そこで飲んで補おうというのが日々ズス子のコンセプト。

 

ビフィズス菌と聞いて思い出すのがヨーグルトですが、実は、ヨーグルトのビフィズス菌は、途中で胃酸や胆汁にやられて、ほとんどが腸までたどり着けません。

ところが、日々ズス子は特殊コーティングによって、腸にたどり着いて初めてビフィズス菌が放出される構造になっています。

 

日々ズス子1粒に200億個のビフィズス菌(ヨーグルトは400gに80億個)が確実に腸まで届きます。

1日1粒。

1袋30粒で3,980円(税込4,298円)。

 

普通の錠剤なのでのみやすく、私は1袋を毎日飲みました。

飲んでいた1ヵ月は、ほとんど効果がないように感じていましたが、最近調子がいいのは、このときの菌が育っているからなのでは? などと思っています。

 

 

お彼岸なのでおはぎ♬

昨日が春の彼岸入り。

あさって(3/21)、春分の日が彼岸の中日で、その前後3日の1週間がお彼岸です。

 

ということで、おはぎをつくりました。

といっても、売っているあんこを買ってきてつくるので、いたってカンタン!

今回は、もち米を3合炊いたので、大量にできました。

 

<おはぎの作り方>

1.もち米をといで、炊飯器の白米モードで炊きます。水量も白米と同じ。浸水もなくてOKです。

2.炊きあがったら10分ほど蒸らし、すりこ木でつきます。もっちりするくらいまで適当に。粒が残ってもOK。

f:id:edamamekinoko:20180319234741j:plain

3.手に水(少し塩を入れて塩水にしてもOK)をつけて、ついたもち米を適当な大きさに丸めます。

4.あんこを適量手のひらに載せて平に伸ばし、その上に丸めたもち米をのせてあんこでくるみます。底はあんこがあってもなくてもOK。ない方があっさりです。

今回は、あんこだけ(きなこなし)なので、ひたすら丸めてできあがり。

大小合わせて25個できました。

f:id:edamamekinoko:20180319234802j:plain

 

この場合、決め手はあんこ!

私は御座候の「晴つぶあん」を愛用しています。

 

御座候は、兵庫県の姫路に本社がある回転焼き(今川焼とか大判焼きとも言いますね)のお店で、関西を中心にお店で焼いて売っています。

私の周辺では、回転焼きのことは、「御座候」と呼ぶ人が大多数。

1個85円とリーズナブルなので、おやつや手土産に迷ったら、御座候。

いつも行列ができていて、10個、20個とまとめ買いする人も多いです。

 

と話はそれましたが、そんな御座候のあんこだけに、安定のおいしさ!

お彼岸と年末年始の前後だけの限定販売ですが、おいしいあんこが 500g入りで 340円と超おトクなので、おすすめです。

 

今回はこのあんこを2袋使いました。

賞味期限は1ヵ月程度と短めですが、発売期間には忘れずに2、3個まとめ買いして、余ったら冷凍しています。

www.gozasoro.co.jp

 

かんたんでおいしくて、季節感も味わえる。

お彼岸はぜひおはぎをつくりましょう!

今日のお弁当 肉じゃがの残りと鶏レバーの醤油煮

今日も昨日と同じ。

・肉じゃが

鶏レバーの醤油煮

・レタス

・ごはん

・梅干し

f:id:edamamekinoko:20180319010006j:plain

昨日は、肉じゃがメイン。今日はレバーがメインかな?

レバーにマスタードをつけてみました。

このレバーほんとにおいしくて、これだけでいいくらいです。

 

使っているのは、米沢郷牧場のレバー。

抗生物質を一切使っていないので、安心して食べられます。

これをさらに50度洗いすると、血液がよく取れて、あっさりおいしく仕上がります。

 

 

煮込むときに入れる八角がいい仕事してます。

前回、八角を切らしていたので、入れなかったらやっぱり物足りませんでした。

レバーの醤油煮のためだけにでも常備しておきたいスパイスです。 

 

今日のお弁当 肉じゃがと鶏レバーの醤油煮

今日のお弁当は、

・肉じゃが

鶏レバーの醤油煮

・ごはん

f:id:edamamekinoko:20180319005030j:plain

肉じゃがは、いつもお世話になっているクックパッド 農家のレシピさん。

cookpad.com

最初に野菜を炒め、そのうえに糸コンと牛肉をのせて、水を使わずに煮込みます。

じゃがいもの甘みがしっかりしておいしいです。ただ、じゃがいもが溶けてドロドロになってしまったのが残念。

牛肉は見切り半額品でしたが、50度洗いして、塩こうじに一晩漬けこんだので、余分な脂が落ちて、うま味アップ。

糸コンも50度洗いしたので、くどくなく、いい感じにできました。