読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「心から音楽を楽しむ」ってこういうこと! グスターボ・ドゥダメルとシモン・ボリバル・ユース・オーケストラ

今日は、すてきな動画に出会いました。

グスターボ・ドゥダメルさんが指揮する「シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ」の演奏。

 

グスターボ・ドゥダメルさんは、ベネズエラ出身、35歳。

100年に1人の天才と言われる今一番注目の指揮者で、今年の2017年1月のウィーンフィル・ニューイヤーコンサート2017では、最年少で指揮者を務めています。

 

モジャモジャ頭が目印で、豊かな表情と情熱的な指揮がすてきです。

 

動画の最初の表情だけで、やられました。
しかもノリノリのマンボー!
そして、オーケストラのメンバーが、動く、立ち上がる、バイオリンまで投げてる!!!

のだめのSオケをスケールアップしたような楽しさに、感動♪

演奏しているみんなの表情がイキイキと楽しそうで、もちろんお客さんも楽しそうで、心から音楽を楽しむってこういうことなんだな~と思いました。

 

youtu.be

 

そして、グスターボ・ドゥダメルさんが指揮者になるまでの経緯もすばらしです。

彼のお父さんはサルサ・バンドでトロンボーン奏者として活動、お母さんも声楽家という音楽一家だったのですが、決して裕福ではなかったようです。

そんな彼が、5歳ごろに「エル・システマ」で音楽を学び始めます。

 

「エル・システマ」は、ベネズエラのホセ・アントニオ・アブレウ博士が1975年にはじめたものです。

音楽家であり、経済学の教授であり、国会議員でもあったアブレウ博士は、音楽を通じて青少年を育成することを目的に、貧困層の子どもから希望者を募り、無料で楽器を渡して、演奏を教え、ユースオーケストラを作り、それを国内に広げました。

(エル・システマについては、また次回書きますね)

 

ドゥダメルさんは、5歳でエル・システムに参加し、12歳から指揮を始め、15歳から本格的な指揮のレッスンを受けて、18歳には、「シモン・ボリバル・ユース・オーケストラの音楽監督に就任。

世界に出て、指揮を学んだり、アシスタントとして活動し、2004年に第1回グスタフ・マーラー国際指揮者コンクールに優勝して注目を集めました。(このとき23歳なので、千秋と同じ年くらいですね。)

その後は、世界の有名オーケストラで指揮をし、現在に至ります。

 

ドゥダメルさんについていろいろ検索している中に、「35歳の若さで、と言われるが、18歳からオーケストラを指揮しているので、経験は17年のベテラン」という記事があり、やはり、実際にオーケストラを指揮する経験を積むことが大切なんだろうなぁと思いました。

(千秋もSオケ、ライジングスターオケでの経験が、指揮者コンクールでの優勝や、マルレオケに生かされてましたよね)

 

という感じで、ついついのだめベースでの理解になってしまいますが、これからもドゥダメルさん、チェックしていきたいです。

 

こちらのリハーサル風景も、こんなふうに曲を作っていくんだ~とおもしろいです。

youtu.be

 

 グスターボ・ドゥダメルさんについては、こちらの記事が参考になりました。

ほぼ日刊イトイ新聞 - ぼくは見ておこう

青森ひばのまな板 抗菌、防虫、香りもすてき♪

10年くらい使っていたプラスチックのまな板が、ボロボロになってきたので、思い切ってまな板を新調することにしました。

 

日ごろ、まな板にはぜんぜん興味がないのですが、いざ買おう考えたときに、愛読しているブログ「おばさんのひとりごと」に書いてあった木のまな板のことを思い出しました。

kinue-m.cocolog-nifty.com

kinue-m.cocolog-nifty.com

 

影響されやすい私、きぬえさんのブログを読み返して、木のまな板を買うことに決定です。

 

そこでもう一つ気になったのが、「青森ヒバ」

青森ヒバは、ヒノキチオールという成分を含んでいて、抗菌、防虫、 防臭、消臭効果があります。

香りも好きなので、うちでは、こちら↓のアロマオイルを愛用。

抗菌、防虫、消臭をねらって、キッチンやトイレのゴミ箱に数滴垂らしています。

 

ということで、「木のまな板」+「青森ひば」のまな板を買うことにしました。

「青森ひばのまな板」といっても、大きさ、厚さ、お値段、本当に様々です。

最終的に、流し台の大きさに合うサイズで、手ごろな価格ということで、こちらで購入しました。


 

 

そして、届いたのが、こちら。

f:id:edamamekinoko:20170120013936j:image

ピカピカのツヤツヤ、そして、部屋中にひばのいい香りが漂います。

 

使い方としては、

・水で濡らしてから使う。(食材の色、臭いが付きにくくなる)

・使用後は、洗ってから水を拭き取る。

・直射日光の当たらない場所に立てかけて保管する。
ということで、意外とシンプル。

 

さっそく使ってみましたが、厚みがあるので、安定していて、切りやすいです。

これから、長く大切に使っていこうと思います。

 

 

 

大阪マリオット都ホテル クラブフロア@あべのハルカス

先日、お正月休みと夫の誕生日祝いを兼ねて、あべのハルカスにある大阪マリオット都ホテルに泊まってきました。

マリオットは、2014年に泊まったので2回目です。

前回泊まったとき、お部屋の眺めのよさとクラブフロアの気持ちよさが気に入ったので、もう一度!ということになりました。

去年は、梅田のリッツカールトン に泊まったのですが、私たちにはリッツのクラシックな感じより、マリオットの開放的な感じが合っているみたいです。

 

チェックインは15:00からのですが、14:30ごろに天王寺に着いたので、とりあえず、地下の専用エレベーターから、19階のホテルフロントへ。

ここのフロントからの景色が絶景。

フロントの奥が全面ガラス張りなので、まるで宙に浮いているような気分になります。

フロントの方もとっても美人で感じがよく、気分が上がります!

 

お部屋は53階。

まだ新しいのもありますが、余計な装飾のないシンプルな部屋は、とっても気持ちいいです。

以前泊まったのは夏でしたが、とっても静かで快適だったのを覚えています。

そして、今回も、外の寒さを忘れて快適に過ごせました。ホテルにありがちな乾燥しすぎな感じもなく、ここの空調、すばらしいです。


f:id:edamamekinoko:20170118214238j:image

f:id:edamamekinoko:20170118222925j:plain

今回あまり写真を撮らなかったので、前回泊まった時の写真も流用。

全面ガラスなので、カーテンを開けたときの開放感がすごいです。f:id:edamamekinoko:20170118223538j:plain

 

こちらは洗面台とバスルーム。

お風呂が日本式に湯船と洗い場になっているのが、いいですね。

f:id:edamamekinoko:20170118223840j:plain

 

ということで、さっそくお気に入りのクラブフロアへ行くことに。

廊下もとってもシンプルです。

f:id:edamamekinoko:20170118214307j:image

 

エレベーターで53階から38階へ。早い~。

そして、こちらがクラブラウンジ。3階分はありそうな吹き抜けの空間です。

しかも、テーブルの間隔が広いので、ゆったりしていて、快適です。

f:id:edamamekinoko:20170118224030j:plain

 

ティータイムなので、ケーキやデザートがいろいろ。

あまり食べすぎないようにちょっとだけにしました。

f:id:edamamekinoko:20170118214327j:image

「いいね~」「気持ちいいね」を連発しながら、気持ちいい空間を満喫した後は、宿泊者にもらえる入場券でハルカス展望台へ行ってきました。

(こちらはまた別でレポートしますね)

 

その後、帰ってお昼寝をしたので、カクテルタイムに行ったのは、18:30ごろ。

完全に出遅れで、食べ物はぼちぼちといった感じでした。

(カクテルタイムは、17:30から)

 

ビュッフェスタイルで、好きなものをいただけるのですが、規定の量を並べたら、あとはあまり補充せず、時間になったら片づけるというのがこちらの方針のようです。

大量に余ったり、ぐずぐず長居しないのはシンプルでいいですね。

 

f:id:edamamekinoko:20170118214356j:image

とかいいながら、いろいろ盛り付けてスパークリングワインとともにいただきました。

左のお椀はフォーです。パクチーを思い切りのせたのはよかったけど、麺はのびすぎでちょっと失敗。

 

この後、晩ごはんは、外へ出かけて、お好み焼きを食べてきました。おいしかった~。

そして、帰って来てから、またクラブラウンジに飲みに来たのでした。

 

ラウンジは、夜になるとキャンドルが灯ってとってもムーディーなのです。

それに、お酒はビール、日本酒、ワインにウィスキー、リキュールといろいろあって、セルフサービス。カクテルのレシピが置いてあるので、自分で作って飲めます。

ボンベイサファイアがあったので、ジントニックにしました。

それから、赤ワイン、ビール、日本酒、梅酒、どれもちょっとずつ味見をする感じで飲みました。自分で注げるので、ちょっとだけにできていいですね。

おつまみが、柿の種とかあられぐらいだったのが、ちょっとさびしかったです。次の日の朝食に、チーズとかスモークサーモンとか出てたけど、朝はいらないから、夜出してほしかったな。でもまぁ、その方が飲みすぎなくていいかも。

 

f:id:edamamekinoko:20170118225935j:plain

53階からの夜景もすばらしかったです。

ちょっとずつ明かりが消えていく様子を楽しんで、早めに寝ました。

 

そして、翌朝もゆっくりして、10:00ごろに朝食に。

朝食は10:30までなのですが、さすがに朝はまだいろいろありました。

f:id:edamamekinoko:20170118214418j:image

好きな具を選ぶと、オムレツを焼いて持ってきてもらえます。

f:id:edamamekinoko:20170118214433j:image

ごはんを食べてまたしばしゆっくり。

やっぱりここのラウンジは落ち着きます。

なかなかこんなに天井の高い空間はないですよね。

 

ということで、ゆったりまったり、幸せなホテルステイでした。

楽しい時間は、あっという間に終わってしまうのが残念。

f:id:edamamekinoko:20170118214446j:image
最後は、キューズモールから、ホテルを見上げて、別れを惜しみました。

 

大阪マリオット都ホテル

 今回は、一休の 「【アップグレード確約】53階~55階クラブフロアへ2ランクアップグレード! <クラブラウンジ付>」3万円くらいで泊まれました。

前回もそれくらいだったと思います。

日にちにもよるけど、これくらいで泊まれるとうれしいですね。

また、いいプランを見つけて来たいです。

生明太子がこんなにおいしいなんて!@めんたいパーク ATC

先日、ATCに行く機会があったのですが、約束までに少し時間があったので、11月にオープンした「めんたいパーク」に行ってみました。

ぜんぜん期待していなかったのですが、そのとおり普通でした。

明太子についてのパネル展示や、工場見学ができますが、もちろん無料なので、文句はありません。

 

展示コーナーを出ると、そこは明太子の売店と明太子おにぎりやめんたいソフトクリームが食べられるフードコーナー。

・・・とそこに「生明太子」の試食がありました。

生???と思いながら食べてみると、これがめちゃうま!

プリプリしていてとってもおいしいのです。

 

販売コーナーに行くと、売っていました「できたて明太子」

普通の明太子は、一度冷凍したものを出荷しているらしいのですが、この「できたて明太子」は工場でできたてを冷凍せずに生のまま販売しているそうで、これが買えるのはめんたいパークだけらしいのです。

 

冷凍するとしないで、こんなに味が違うなんてびっくり!!

すっかり気に入ったので、買って帰ることにしました。


f:id:edamamekinoko:20170118001222j:image

 

できたて明太子は、400g 2,050円と普段は買わないようなお値段ですが、おいしかったので、まぁいいでしょう。

 

家に帰ってさっそく開けてみると、「でかっ!」とびっくりするくらい大きい明太子も含めて、8本くらいがたれに浸かって入っていました。

 

1本を晩ごはんに食べ、そんなに食べきれないよなぁと、3本を冷蔵して、残りは冷凍しました。

f:id:edamamekinoko:20170115215321j:image

↑これは冷蔵の分です。

冷凍は、せっかくなのでおいしく保存できるよう、1本ずつラップに包んだものをアルミホイルに包みました。


なのに、あまりにおいしいのでペロリと食べてしまい、5日目にして早くも冷凍したのを解凍しています。なんのこっちゃ(:_;)

賞味期限までまだ5日もあるのに・・・冷凍しなきゃよかったと後悔しておりますが、それくらいおいしかったということで、よしとしましょう。

 

明日は、明太子スパゲティの予定。

おいしかった~。

 

mentai-park.com

カレーラーメンおいしい!@玉造 ラーメン人生 JET600

 最近、活発な活動のカレー研究班、今回は初の麺類!

ということで、先日、大阪・玉造のラーメン人生 JET600 に行ってきました。

こちらは食べログTOP5000に入る有名店であり、福島にあるラーメン人生JETの姉妹店。

お店の前には行列ができているとの口コミを見たので、梅田での用事が終わって、いそいで駆けつけました。

お店に到着したので、11:50ごろ、ラッキーなことにお店の前に行列なし\(^▽^)/


f:id:edamamekinoko:20170114092624j:image

 さっそく券売機で、カレーラーメン(800円)を購入。

f:id:edamamekinoko:20170114092644j:image

 

すると、戸が開いてお姉さんが出てきます。

食券を渡すと、辛さを聞かれるので、「2辛」で注文。

カウンターに通されました。

 

カレーラーメンは、1辛から5辛までが選べて、1辛が中辛だそうです。

辛いの大好きな私ですが、あまり辛すぎるのは苦手なので、3辛にするか迷った結果、2辛にしました。

でも、2辛で正解!ほどよい辛さでした。

 

しばらくしてラーメン到着。

f:id:edamamekinoko:20170115001008j:image

左下から、チャーシュー、ネギ、玉ねぎのみじん切り、メンマ、ナルト、そして中央が三つ葉です。

三つ葉とか玉ねぎとか、意外なものものっていますが、食べてみると、それぞれにいい仕事しています。

 

特に気に入ったのは、チャーシュー。

薄いチャーシューですが、ほどよい脂で、トロトロっとおいしいです。

今まで食べたチャーシューの中で一番好きかも。

あまりのおいしさに、大事に大事に食べました。

 

それから、スープもうまうま。辛さも効いてて、思わず飲み干してしまいました。

 

もちろん面もおいしいです。

 

ということで、相変わらずの表現力のなさですが、とってもおいしいカレーラーメンでした。

 

次は、1番人気、鶏煮込みそばに挑戦してみたいです。

 

・・・と大満足してお店に出たところ、10人以上の行列ができていました。

さすが~! ごちそうさまでした。

 

ラーメン人生JET(@jetjpn)さん | Twitter

 

<ラーメン班の活動>

鶏煮込みそば <1番人気>@玉造 ラーメン人生 JET600 - えだまめきのこ図鑑

 

 <カレー研究班の活動>

 

セイロンカリーでアンブラ!@長堀橋 - えだまめきのこ図鑑

アノニマスの夜は、めちゃうまカレーでおなかいっぱい - えだまめきのこ図鑑

ハマチと大根のカレー、うま!@九条 アアベルカレー - えだまめきのこ図鑑


 

淡路島の穴子づくしに大満足@大阪福島 穴子家NORESORE

穴子大好きの私と夫、昨年の11月に、大阪福島にある穴子専門店 穴子家NORESOREに行ってきたので、遅ればせながらのレポートです。

のれそれというのは、うなぎの稚魚のことで、このお店は、淡路島の穴子を使った穴子の専門店です。

 

こちらのお店も、ミュージックセキュリティーズのファンドで知りました。

淡路島のおいしい食材を多くの人に食べてほしい、というコンセプトと、投資家特典が魅力でした。

ついつい投資家特典でファンドを選んでしまうのですが、このファンドは特別よかったです。

1口31,710円の投資なのですが、1口の私の場合、毎年以下の3つの中からをどれか1つ選べます。

(1)投資家優待お食事券3,000円分
(2)野菜詰め合わせセット3,000円分
(3)穴子の蒲焼き3本(2,000円相当)

しかも、1年目は選択したものに加え、1口につき穴子の蒲焼き3本を送ってくれるという太っ腹。

最初の年に届いた穴子がとってもおいしかったので、2年目の去年はお食事券にしました。

 

ということで、3,000円のお食事券を握りしめての訪問です。

人気店で満席のこともあるという口コミだったので、事前に席だけ予約。

18:00の予約でしたが、張り切りすぎて早めに到着しました。

 

f:id:edamamekinoko:20170108013519j:plain

なかなかおしゃれな店内。2階の席に通されました。

コースメニューもいろいろあるのですが、豊富な穴子メニューに魅かれて、今回はアラカルトで注文することにしました。

 

まずはつきだし。きのこと穴子の和え物です。

f:id:edamamekinoko:20170108013549j:plain

 

続いてお造り。 

f:id:edamamekinoko:20170108013613j:plain

左から、炙り、お刺身、こぶ締め、湯引き。

それぞれ、塩、わさび、レモンなどとつけていただきます。

穴子のお刺身なんてはじめてでしたが、おいしい白身のお魚、という感じでした。

 

次は、握り。 

f:id:edamamekinoko:20170108013636j:plain

こちらも左から、お刺身、炙り、煮穴子です。

生の穴子のお寿司もはじめて。おいしかったです。

 

続いて穴巻き。 

f:id:edamamekinoko:20170108013704j:plain

これは、定番のおいしさでした。

 

続いて穴子の燻製。

f:id:edamamekinoko:20170108013752j:plain

 「穴子の燻製なんかあるんや~。珍しい」と思って注文したのですが、本当に燻製らしい味。マスタードをつけて、おいしくいただきました。

 

そして、いよいよお目当ての白焼き。

油がのっておいしかったです。

f:id:edamamekinoko:20170108013828j:plain

 

締めは蒲焼。

大きな穴子なので、食べごたえたっぷり。ごはんと食べたい~。

あまりのおいしさにおかわりしてしまいました。 

f:id:edamamekinoko:20170108013856j:plain

 

どれもおいしかった~。

ほかにも穴子の天ぷらとか、から揚げとか、気になるメニューがいろいろあったので、また割引券もらったら行きたいです(^^)

 

 

 

ハマチと大根のカレー、うま!@九条  アアベルカレー

今日はお休みで、出かける用があったので、合間に九条のアアベルカレーに行ってきました。

このお店、月曜日が休みなので、月曜休みの私はなかなか行けなくて、今回はまたとないチャンス!

 

阪神電車九条駅のすぐ横のビルでした。看板が目印。

f:id:edamamekinoko:20170113123811j:image

 めちゃ急な階段を登った3階。
f:id:edamamekinoko:20170113123824j:image

12時ちょうどに着くと、先客が4組くらいいました。

 

カウンターに着席。

あいがけのスパイスたまごトッピングにしました。

日替わりは、「ハマチと雑煮大根のマサラ」ってどんなのか興味しんしんです。
f:id:edamamekinoko:20170113125046j:image
f:id:edamamekinoko:20170113125357j:image

来ました〜。

f:id:edamamekinoko:20170113123843j:image

右下がチキンカレー、左がハマチ、ほかは上の解説のとおり、盛り付けもきれいです。

カレーは、それほど辛くないですが、うまみがたっぷり。

特にハマチがおいしかった~。

魚のカレーなんて、以前は想像もつきませんでしたが、最近、さんまとかも見かけるので、結構いいかもです。

れんこんのがアチャールかな?これが結構辛くて、全体と混ぜて食べると辛味アップにもなっておいしかったです。

それから、真ん中のスパイスたまご。ほどよい半熟具合で、おいしかった~。

卵だけ食べたり、つぶして混ぜ混ぜしたり、いろいろ楽しめました。

はぁ、おいしかった~♪


f:id:edamamekinoko:20170113123900j:image

ハバネロがギターひいてる置物もかわいかったです。

 

また、チャンスがあったら行きたいです。

ごちそうさまでした。

 

twitter.com