夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え

夢をかなえるゾウ3 」を読みました。

「夢をかなえるゾウ」シリーズは、インドの神様・ガネーシャが、イケてない主人公に課題を与え、主人公はその課題に取り組むうちに成長していくというお話。

関西弁でおやじギャグ満載の神様らしくないガネーシャが、意外といいこと言うのがおもしろいんですよね。

私は、ドラマ「夢をかなえるゾウ」の古田新太さんのガネーシャを見て、古田さんのファンになったので、久しぶりにガネーシャに再会した気分で一気に読めました。

  

今回は、仕事とか商売に関することがわかりやすく書いてありました。

売るためのテクニックに走ることよりも、お客さまを本当に喜ばせることが大切!

ついつい目先のことにとらわれてしまうので、自分の仕事を振り返ってみようと思います。

 

ガネーシャの課題をやってみようと調べていたら、こちらのブログにわかりやすくまとめられていました。

www.keikawakita.com

 

まずは、第1の課題「自分の持ち物で本当に必要なものだけを残し、必要のないものは捨てる」をやってみます。