いろいろ考えなくてラク!定番ぐるぐる着回し。

スティーブジョブズといえば、黒のタートルセーターにジーンズという姿が思い浮かびます。

ほかにもオバマ大統領やFacebookマーク・ザッカーバーグなど、いつも決まった服を着ている著名人は多くいます。

これは、何かを決めるには多くのエネルギーが必要なので、本当に大切なことにこそエネルギーを向けるため、それ以外のことでの決断はなるべく少なくしているからだそうです。

 

 

先日読んだ佐藤オオキさんというデザイナーの「400のプロジェクトを同時に進める 佐藤オオキのスピード仕事術 」にも、「今日はどの服を着ようか」と考える時間をより有効に活用するため、仕事で着る服は、白いシャツ30枚、黒いジャケットとズボン20着を順番に着まわしたり、下着2週間分2セット用意していると書いてありました。

 

 

 

 

「決めることにエネルギーがいる」というのは本当ですよね。

そして、決めることやそのために考えることにエネルギーを使うのがしんどいから、なるべく決めなくていいように人生を送っている人多いと思います。

 

私が一番エネルギーを使っているのは、「何を食べるか?」これについてはまた書きたいと思います。

その次が「何を着るか?」

私は、おしゃれにまったく自信がありません。

なので、人からダサいと思われない、うまくいけばちょっとくらいはすてきに見えるように、何とかその場しのぎをやってきました。

 

でも、開き直りました。おしゃれに興味ないんです。

そこで、スティーブ・ジョブズのように、着る服を決め、それを繰り返して着ることにしました。

すると、毎日服で悩まなくなったし、その格好がどう見えるかもあまり気にならなくなりました。

私の中でそれを着るのが当たり前=制服のような状態になったからです。

 

すると、定番にするなら気に入ったものを着たいとか、流行りものをいろいろ揃えるより、いいものを長く着たいと思うようになりました。

気に入ったTシャツを色違いでそろえたり、ちょっといい靴下を買ってみたところ、これがなかなかいい!

私は肌ざわりが大事みたいで、触れて気持ちいいものを着ると、それだけで幸せを感じます。

包まれてる感がいいんです。


もちろんファッションが好きな人は、それを楽しんだらいいけど、そうじゃない人は定番ぐるぐる着回し、おすすめです。