神宗・徳用塩昆布@梅田大丸

先日、いつも行列ができている梅田大丸B1、神宗(かんそうと読みます)の徳用塩昆布に並んでみました。

平日の10:20すぎだったので、行列はそれほど長くなく、大丸の入口から大丸の建物の端くらいまででした。

係の人にどれくらいかかるか聞いたところ、20分くらいとのことだったので、Go!

一人3個買えます。

係の人に何個買うか聞かれ、札を渡されます。

 

久しぶりに帰省するので、親戚へのおみやげに2個、そして自分用に1個。まだ、食べたことがなかったので、この機会に食べてみることにしました。

 

並んでいるのはやはり年配の方が多いです。

意外とスムーズに進んで、15分くらいでカウンターへ。

カウンターには、徳用以外のメニューがあり、一緒に購入できます。

お土産用にちりめん山椒を1つ購入。

 

ちりめん山椒は紙袋に入れてくれましたが、お徳用は自分で入れられるように買った個数分の紙袋をつけてくれます。

 

徳用塩昆布の販売方法

徳用塩昆布 260g 1,080円です。

品物はこちら↓

f:id:edamamekinoko:20160913001601j:plain

f:id:edamamekinoko:20160913001641j:plain

 

塩昆布というと、ふじっ子のような昆布のまわりに塩(?)がついているのを想像していたのですが、こちらの塩昆布は昆布の佃煮。

原材料は、しょうゆ、砂糖、天然真昆布、山椒、清酒醸造酢、鰹節、煮干、食塩。

添加物が使われていないのがすばらしいですね。

その分、賞味期限は1ヵ月半くらいと短め。ごはんにのせたり、おにぎりに入れたりとせっせと食べています。

味は、変な甘さやくどさがなく、山椒がきいておいしいです。

 

神宗さんは天明元年創業の大坂の海産物問屋。230年の歴史があるそうです。

独自の加工法でオリジナル商品を販売してこられたそうですが、2013年から、天然素材が持つ本来の味にこだわる方針で、人工的な調味料や添加物を使っておられないそうです。

おいしくて安心して食べられる!さすが老舗のこだわりです。

 

行列ができる理由がわかりました。