デトックス体験記3 クレイってすごい!

私のデトックス体験記   の続きです。

10月以降、唇の荒れと口内炎、手と左わき腹の湿疹にひたすら耐える毎日だったのですが、あまりの炎症のひどさに何かいいものはないかなぁと探していたときに、棚にあるクレイにふと目が行きました。

 

1年くらい前に、買って一度使ったきり、そのままになっていたものです。

さっそくネットで検索してみると、やはりヘルペスにクレイは効果がある模様。

ameblo.jp

ameblo.jp

 

ということで、まさに藁をもすがる思いで、クレイパックをしてみました。

使ったのは、アロマフランスの「グリーンイライト

 グリーンイライトは世界で一番使われているクレイで、クレイ鉱物がとても多く含まれ、医療目的にも使用されているそうです。

ガラスのボウルにクレイを入れ、重量の60%の水を入れてしばらく置くと、パックにちょうどより硬さに。置いておくだけで勝手に水を吸収してくれるので、混ぜたりこねてりしなくてもOKです。

これを唇より一回り大きく1cmくらいの厚みで塗りました。

手は、湿疹のひどい指に塗り、ガーゼを巻いて、その上から綿の手袋を。

お腹も荒れているところに塗り、ガーゼを乗せた上から、ずれないように腹巻。

これでしばらく置きます。

クレイが乾いてしまう前にはがします。

 

パックを取ると、腫れがおさまって、かゆみもましになり、すっきり。

これはすばらしい!とその後しばらくは、毎日クレイをしていました。

 

グリーンイライトは、炎症を取ってくれる感じでしたが、治りかけてくると皮膚の修復を助けてくれる「ホワイトカオリン」がいいとのことで、少しよくなってからは、こちらにお世話になりました。

ホワイトカオリンは、グリーンイライトよりもずっと粒子が細かく、水に溶くとやさしいクリームのような感じになります。

塗っているととても気持ちがよくて、ときどきこれでお手入れするのもいいなぁと思老いました。

あと、パックだけでなく、パウダーとしてはたいてもいいそうで、しばらくの間は、気が付いたらこれをはたいて、口も周りを白くしていました(笑)

 

本当にクレイの効果はすばらしく、痛みとかゆみに耐えるだけだった毎日から、少しずつ回復の兆しが見えてきました。

 

ヘルペスにクレイというのは、本当にいいと思います。

ヘルペスになると、ピリピリした痛みの後、水泡ができますが、クレイをすると水泡になりにくいという記事を読んだのですが、確かに、クレイをして以降は、汁が出ることがなくて、助かりました。

  

#クレイ #アロマフランス