デトックス体験記4 便秘に「ハブ茶」

引き続きデトックス体験記。

ヘルペスで口が痛いわ、お腹に湿疹が出てかゆいわ、おまけに便秘・・・とボロボロだった3ヵ月。

何とかここから脱しようといろいろ試してみたものをご紹介していますが、何度かにわたってちょこちょこ手を出したものたちをご紹介しようと思います。

こんなことでもないと興味を持たなかったもの。

いろいろ手を出しすぎてどれが効いたのかよくわからなくなったけど、それぞれにいいものだと思います。

 

まずは、ハブ茶

人生フルーツ」というドキュメンタリー映画を見て、津端修一さん、英子さんのご夫婦のことを知りました。

長年培ってきたお二人の関係性、相手を尊重する態度、そして本当に大切なものを大事にする生き方など、とってもいいものをたくさん見せてくれる映画でした。

このとき初めて津端ご夫妻のことを知ったのですが、実はたくさん本を出していらっしゃるので、順番に読んでいるところです。

 

本の中に、英子さんが季節ごとに畑で獲れたものを送っているお友だちから、ハブ茶をリクエストされていた話が出てきます。

ハブ茶には、整腸作用があり、便秘に効果があるのだとか。

津端ご夫妻の話は、またいつか書きたいのですが、ここでヒットしたのがハブ茶

便秘の私に必要なものかも、と思ってさっそく購入しました。

ハブ茶というのは、別名「決明子

お茶というと葉っぱを想像しますが、こちらはエビスグサの実です。

写真のように、つぶつぶ。

これを煮出して飲むのですが、横着な私は、水筒(500ml)にハブ茶を大さじ1入れ、熱湯を注いで、ちょこちょこ飲んでいました。

実の外側が堅いので、お茶が出るのに時間がかかるため、ティーポットだと冷めてしまうので、水筒がおすすめです。

ただ、時間が経ちすぎると、お茶が出すぎて真っ黒になり、味も苦くなるので、写真くらいのちょうどいい色になったら、さっさと飲んでしまう方がいいと思います。

出過ぎた状態でなければ、味もまずますです。

 

ただ、便秘があまりにもひどかったので、便秘への効果はまだ検証できていません。

もう少し、続けてみようと思います。

 

お気に入りの水筒は「サーモス 500ml」。

外出時の持ち歩きはもちろん、職場でお湯を注いで使っています。

なかなか冷めないので、いつでも熱いお茶が飲めるので便利です。

熱すぎてやけどしそうによくなります(^^) 

 

 #ハブ茶 #便秘